カードローンの申し込みで本人確認書類を提出する時のポイント

カードローンの申し込みをする時に本人確認書類を提出しなければいけません。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどが適用されますが、どの書類を提出すればいいのか迷ってしまう人も少なくないでしょう。そこでカードローンの申し込みをする時にどの書類を提出した方がいいのか見ていく事にしましょう。

・顔写真付きの方がいい本人確認書類も審査で参考にする事が多いですが、顔写真が付いていた方が業者からの信用度が高まります。それで顔写真が付いていない健康保険証を提出してしまうと審査の可決率が下がってしまう事があります。カードローンの申し込みをする時は顔写真付きの本人確認書類を提出するようにしましょう。

・運転免許証は審査が有利になりやすい顔写真付きの本人確認書類は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードになりますが、パスポートとマイナンバーカードはただの身分証明書になってしまいます。しかし運転免許証は身分証明書だけでなく車を運転する事が出来る証明書にもなります。それで運転免許証を提出すると業者側から車を運転する事が出来る人と思われて信用されやすくなります。審査でも有利になりやすいのでカードローンの申し込みをする時は運転免許証を本人確認書類として提出するのがおすすめです。

関連記事

    カードローンの返済が気になる人へ

    カードローンでお金を借りたいけれど、返済できるかどうかが心配という場合には、一括返済をするという方法があります。 たとえばボーナスが出た時などに、借入れ分を一括で払ってしまうという方法です。 この方法は利息を少なくできますし、何か月文化をまとめて返済できるので、かなりのメリットがあ...

    無利息キャッシングの利用をお勧めします

    消費者金融のなかには利息を取らない無利息キャッシングサービスを提供しているところもあります。 一定の期間内の金利が0%となるので、その期間内の利息は0円となるのです。 金利が0%になる期間内に返済を終えれば利息は1円も払う必要はありませんし、その期間内を過ぎてから完済したとしても無...

このページの先頭へ