通常のローン契約とカードローンの違いについて

カードローンは作成する際に予め利用可のな金額を定めてその枠内で自由に借り入れができるカードです。ローンという言葉を使っている事から住宅や自動車などの高額な買い物をする際の分割払いのようなイメージを持つ人も多いですが、こうしたローン契約との大きな相違点としてカードローンは使途が限定されないという特徴があります。

また借り入れ金額に関しても上限は定められていますが下限は定められていません。買い入れ回数に関しても特に限定されず、借入限度額の範囲内であれば何度借り入れをしても何に使用する場合であっても利用可能です。

そして返済時に一定期間内に少しずつ返済するという仕組みになっているためローンという言葉が用いられています。小口に何度も借り入れを行う事ができますが、通常のローン契約のように自動車のような大きな買い物をする時に使用する事も可能です。

またローン契約は大きな買い物をするときに行うため、本当に必要なものなのか慎重に検討してから行う人が多いです。これに対してカードローンでキャッシングをしてお金を使う場合には既にカードローンを持ってさえいればいつでも手軽に借りられますが、借り入れをしてお金を使う場合はローン契約を結ぶときと同様に慎重に検討して行う事が大切です。



このページの先頭へ