目的別ローンとカードローンの違い

銀行でのローンを検討する場合、目的別ローンとカードローンがあると言う事に気付くかと思います。この両者には、どのような違いがあるのかと言うと、大きく分ければ、ローンで借りたお金の使い道が限定されているのが目的別ローン。使い道が限定されていないものがカードローンとなっています。

例えば、住宅ローンにゃマイカーローン。その他、教育ローンなどがこの目的別ローンとなっており、これらの使用するお金の場合、目的別ローンがお勧めとなっています。その理由は、目的別ローンの方が金利が低く設定されている事も多い為。やはり、返済の事を考えると少しでも金利が低いという事は、有り難い事かと思います。

一方、金利が少し高めに設定されているものの、お金は自由に使う事ができ、また、審査時間も短いのがカードローンの特徴となります。目的別ローンの審査の場合、数日かかる事がある一方、カードローンあらば即日融資も可能となっています。その為、緊急でお金が必要な人の場合、カードローンの利用が便利だと言えます。

このように目的別ローンとカードローンを比較した場合、お金の使用用途の他、金利や審査時間なども異なる事から、それらを考慮し、自分にあった方を選ぶ事が大切になります。


このページの先頭へ