キャッシング審査での判断基準とは

キャッシング審査での判断基準とは何かと言うと、一言で言えば返済能力です。

貸したお金を返してくれる力があるかどうかを確認する事になり、その確認作業で合否判定が出る事になります。

審査に厳しいと言われる大手銀行ローンや、審査に柔軟な大手消費者金融、非常に審査が通りやすい傾向にある中小消費者金融等、それぞれの業者で審査クリア基準は違うものの、共通点としては貸したお金を返してもらえるかの返済能力という部分が焦点になります。

この返済能力チェックにおいて重要な要素は主観的なものではないです、人間性やルックス、声、話の内容等というような主観判断でどうにでも評価が変わるものでは審査合否には影響が無く、あくまで誰が見ても判別出来る年齢や収入、職種、在籍年数、現在の借金額、過去の返済歴といった要素の総合で判断される事になります。

あとは業者によってクリア基準が変わってくるのですが、一般的には成人以上で安定した収入と言う要素は重要で、学生ローンのように18歳以上で借り入れ可能なものもありますが、一般的には成人以上の収入を持った方が審査に挑む為の前提条件とも言えます。

その条件をクリアして返済する力があると認めてもらう事で審査に通過する事になります。



このページの先頭へ