カードローンの実際の利用方法について

まずカードが届いたら自分の氏名などが間違っていないか確認します。間違っているという事はまずありませんが、万が一間違っていた場合はいざという時に使用できない可能性があるためです。次そのカードを利用可能なATMがどこにあるのか把握しておく事が大切です。ATMはコンビニや銀行などに設置されていますが、そのATMによって利用可能なサービスが異なります。

普通はATMの脇に銀行や消費者金融会社などのロゴがいくつか並べて表示されており、そのロゴのあるサービスが利用可能になっています。通常はカードにも同じロゴが付いているため利用可能かどうかすぐ判ります。そして自宅や職場の近辺でどこに自分の持っているカードローンが利用可能なATMがあるのかを把握しておくと、いざという時に落ち着いて借り入れができます。

次に具体的な借り入れ方法ですが、クレジットカードでキャッシングを行う時とほぼ同じです。機種により若干異なりますがATMにカードを入れて「お引きだし」や「キャッシング」などを選んで、金額と返済方法を指定します。その際に暗証番号を入力するので、忘れずに覚えておくことが大切です。ただし暗証番号はメモをしたりしていると他人に知られてしまう可能性があるため、メモはせず必ず自分の頭で記憶しておきましょう。

こうしておけばいざというときに慌てず落ち着いて借り入れを行う事ができます。



このページの先頭へ