カードローンの審査は銀行と消費者金融会社でどう違う?

カードローン

カードローンは銀行や消費者金融会社などで作る事ができます。予め作っておけば決められた範囲内の金額でいつでもATMからお金を引き出して借り入れる事ができるようになります。そのためいざという時のためにカードローンを作っておくと便利です。
ただ初めてカードローンを作る人の場合には審査に通るかどうか不安だったり、金利はどのくらいになるのか気になるという人も多いです。そこで銀行や消費者金融会社などのカードローンを比較して検討する必要があります。

そして自分に最も合ったカードローンを申し込むと良いです。まずは、お薦めのカードローンを紹介しておきます。



金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

これ以外のお薦めカードローン一覧はこちら


カードローンの審査について

カードローンと一口で言っても発行会社によって審査基準や金利の水準などが様々です。

同じ会社でも借入限度額を基準にコースが設けられている場合が多く、コースごとに金利も異なります。一般的に借入限度額が高いほど金利は低く設定されており、同じ金額を借り入れて同じ期間で返済する場合は借入限度額の大きいコースを利用した方が支払う金利が安く済みます。そのためできるだけ借入限度額の大きいコースでカードローンを発行すると良いという事になります。

またカードローンを発行している会社は主に銀行や消費者金融会社などがありますが、それぞれ一長一短あります。まず銀行が発行しているカードローンの場合には比較的審査基準が厳しい傾向にあります。審査にかかる時間も長く2週間程度かかるのが一般的です。その一方で金利は低めに設定されいる傾向にあります。

これに対して消費者金融会社が発行しているカードローンの場合には銀行と比較して審査に通りやすいと言われます。さらに審査にかかる時間も銀行のカードローンよりも短く、申し込んだその日のうちに審査が完了して借り入れ可能になるカードローンもあります。しかしその一方で銀行と比較して消費者金融会社のカードローンは金利が高い傾向にあります。

こうした事を踏まえて自分の現状に合った会社のカードローンを申し込む事が大切です。銀行のカードローンの審査基準は厳しめと言われていますが、普通に仕事をしている会社員で過去に金融機関に迷惑をかけたような事が特になければ審査上特に問題ありません。そういった人は銀行のカードローンで自分の年収に相応なコースを選ぶのが最適です。また、パートやアルバイトなどの非正規労働者の人でも仕事の安定性と年収額によっては銀行のカードローンの審査に通る可能性はあります。

しかし確実にカードローンを作りたい場合には消費者金融会社のカードローンの方が無難です。消費者金融会社だと審査に通りやすくても金利が気になるという人も多いですが、あくまで何かあったときのための備えとしてカードローンを作るという意味で作っておいた方が安心できます。

お薦めのカードローン一覧


このページの先頭へ